CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
■お知らせ
定休日:月曜
第1.3 月 火(休日の場合営業)
営業時間:open11:00〜16:30

■春からのお薦め!menu
new! ! 巾のひろ〜〜い もちもちうどん+とろ〜りのクリームスープ+シャケの風味が美味しい!こだわりロッキーサーモン燻製(北海道) ! 島原黒ゴマそーめん ! スパイシーカレーのカレーうどんはやっぱり人気 お問い合わせ phone 0288-26-2272 info@hakonomori.net
■天然氷!
日光の天然水から生まれた氷+天然シロップのかき氷始まりました。
■竹の子掘りを楽しんで!お持ち帰り!(無料)
4/29からの連休には竹の子を無料でお持ち帰りをいただけます。但し、ご自分で発見し、ご自分で掘る!但し、お家で食べる分だけで〜す。道具、お持ち帰りの袋は用意してあります。足元のみ運動靴などご用意下さい
MOBILE
qrcode
箱の森の三男坊
profilephoto itsumo-an
うどん そば 饗茶庵珈琲

何 時 も 庵

里山の丘に位置する「何時も庵」。
曲がりくねった道を通り、芽葺き屋根の母屋を囲む6棟の渡邊家を望
み、珍しいと云われる漆の大木『箱ノ森の番人』に出会い、梅林の駐車
場、そして里山の丘に辿り着く。迎えてくれる枕木の木道を歩むと竹
林、そして何時も庵。木道はさらに続き「箱ノ森の散歩道」が始まる・・・

「何時も庵」は、店内もテラスもフラットに枕木を敷きつめました。古
枕木の持つぬくもりは心地よく、ここだけの開放感と、穏やかな居心
地を与えてくれます。何時も庵から望む広角な里山の風景は、時を忘れ
させ、限りない懐かしさに浸ることができることでしょう・・・

MENUは幅のひろ〜〜〜い うどんを始め、
「日光珈琲饗茶庵」の焙煎珈琲、当店オリジ
ナルの「小豆と寒天」、日光「金谷」さん
のチーズケーキ、猪倉のみえこさんの季
節のパイなどなど・・・
何時も庵ならではの味の世界をお楽しみ下
さい。

HACO NO MORI
883歩の「箱ノ森の散歩道」

箱ノ森の里山をそのまま生かし散歩道を作りました。
散歩道一帯は2008年春に、広葉樹(ミズナラ、楓、ハルニレ)に植
え替えています。まだ小さなこの木々の子供たちが、やがて大人にな
り『森』箱ノ森となることでしょう。

木道はJR外房線、久留里線
(千葉県)の古枕木約480本
(箱ノ森全体で約750本使
用)を用い、ローカル線のご
とく味わい深く、の〜んびり
と里山の散歩が楽しめます。
散歩道周辺の竹林には野の
スミレが咲き、湧水池一帯にはザゼンソウやガマの花穂が見られ、丘の
あちこちにアザミの花や様々な草花、そして、グミ、ナツハゼ、コムラ
サキシキブなど、数えきれない低木樹や花実をつける山野草に囲まれて
います。広々とした空には鳶がくるりと絵を描き、目の前をオニヤンマ
やシオカラトンボが我がもの顔で飛び、バッタがおんぶして歩く姿な
ど、多くのいきものたちとも出会えます。時には、キツツキが木を突く
爛灰鵐灰鶚爐箸いΣ察△△襪い鰐擇佑困漾淵螢后砲量敕个蠅垢觧僉∪
鳩の鳴く珍しい出会いが生まれるかもしれません・・・
ぜひ、散歩道のベンチに座りの〜んびり過ごしてみませんか?

HACO NO MORI
箱ノ森は、芽葺き屋根の渡邊家の
大地です。昔ながらの自然をその
まま生かし、懐かしさを大切に維
持しております。
ぜひ散策してみて下さい。